R/Cの性能を最大限に発揮させるために、ステアリング、スロットル、及び、追加サーボのリンケージで、各サーボの動作角度を設定する必要な場合があります。この設定について、RC4GSのエンドポイントアジャスター (EPA)機能を利用します。車両などの特性により、迂回の半径に差がある場合、サーボの最大角度、左右の角度の設定を行ってください。

・設定項目(チャンネルと方向)
ST-LFT:ステアリング(左)
ST-RGT:ステアリング(右)
TH-FWD:スロットル(前進)
TH-BRK:スロットル(ブレーキ)
3C-LFT:チャンネル3(左)
3C-RGT:チャンネル3 (右)
4C-UP:チャンネル4(アップ)
4C-DWN:チャンネル4(ダウン)

ステアリングEPA
ST-LFT:0% ~ 120%(左)
ST-RGT:0%~120%(右)
初期値:100%

スロットルEPA
TH-FWD:0%~120%(前進)
TH-BRK:0%~120%(ブレーキ)
初期値:100%

AUXサーボEPA
3C-LFT :0% ~ 120%(左)
3C-RGT :0%~120%(右)
初期値:100%

AUXサーボEPA
4C-UP :0%~120%(前進)
4C-DWN :0%~120%(ブレーキ)
初期値:100%

EPAの設定方法
(1)「Exit」と「Enter」ボタンを同時に1秒間押し続けて、機能メニューから、「Inc(+)」ボタンを2回押してEAP機能を選択します。
(2)「Enter」ボタンを押してEPA機能の画面に遷移し、「Dec(-)」または「Inc(+)」ボタンを使用して目的の設定項目を選択し、「Enter」ボタンで選択した設定の初期値を押します。
項目が点滅したら、「Dec(-)」または「Inc(+)」ボタンで、選択した設定項目の値を調整します。
(※値を設定する画面で、「Dec(-)」と「Inc(+)」ボタンを同時に1秒間以上押し続けると、初期値「100%」に戻ります。)
(3)「Enter」ボタンを押下して、選択した設定項目の調整値が点滅が停止し、選択した設定項目の値が設定されます。
(4)「終了」ボタンを2回押して、初期画面に戻ります。

Follow me!

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.