1. あ行:用語集
  2. か行:用語集
  3. さ行:用語集
  4. た行:用語集
  5. な行:用語集
  6. は行:用語集
  7. ま行:用語集
  8. や行:用語集
  9. ら行:用語集

あ行用語集

用語集用語の解説
RC、R/Cラジコン、ラジオコントロールの略。無線で操縦すること
RTR レディ・トゥ・ラン(Ready To Run) メーカー完成車でプロポ、バッテリー、エンジンなどがセットされ購入後に即走行可能
RX受信機
アイドリングエンジンが低回転している状態
アイドリング調整エンジンが低回転し、なおかつクラッチが切れているように調整すること
アッカーマンハンドルを切ったときの内側タイヤと外側タイヤの角度差のこと。内側タイヤの角度のほうが強くなる
アクスル動力を伝える軸、棒
アソシアメリカのRCカーメーカー。 RCカー創世記からの名門
アッパーアームサスペンションの上側のアーム
安定化電源AC100VをDC12Vに変換する装置。充電器やタイヤセッターを接続して使う
アンダーステアラジコンカーが自分の思った回転半径より曲がらないこと。ハンドルを切るのが遅く曲がりきれないことを手アンダーとも言う
アンプ受信機からの命令信号によりモーターの回転数を制御する装置
ESCエレクトリック・スピード・コントローラー(Electric Speed Controller)の略 。アンプ、スピコンともいう
1Gマシンを地面に置いた走行時の車高状態
EP電動(Electric Power)の略
IFMARイフマ(International Federation of Model Auto Racing)ラジコンカーの世界連盟。世界選手権などを統括する
インナースポンジゴムタイヤとホイールの間に入れるドーナッツスポンジ。実車タイヤの空気圧の役目をする。硬さや材質を変えてグリップ調整する
内切りドリフト走行でカウンターを当てるのではなくコーナー中心に向けてハンドルを切っている状態。内切りアンダーなどと言う
ABCホビー大阪にあるラジコンメーカー
AM電波型式のひとつで振幅変調とも呼ばれる。ノイズに弱い
ACチャージャー一般家庭用コンセント(交流)で使用する充電器
FRP繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略。軽量、高強度な複合プラスチック
FM電波型式のひとつで周波数変調とも呼ばれる。ノイズに強い
遠心クラッチエンジン回転数に応じて動力を切ったり伝えたりする装置。ラジコンカーは遠心式がほとんどである
オーバーステアラジコンカーが自分の思った回転半径より曲がりすぎること
オイル路面エンジンカーの排気オイルがライン上に撒き散らされた路面。冬場のスポンジタイヤ使用時に強力なグリップを生む
大阪賢治2001年度IFMAR 1/8エンジンレーシングカー世界チャンピオン。1/8エンジンレーシングカーでは大阪選手が日本人初制覇
オンロードアスファルトなどで舗装された路面
オフロード土や芝生などの舗装されていない路面

か行用語集

用語集用語の解説
カーボン炭素繊維強化プラスチックのこと。ラジコンカーではシャシー、メカプレートなどに用いられる
カーボン混入樹脂プラ樹脂にカーボン繊維を混ぜて剛性を向上させたエンジニアリングプラスチックのこと。シャシーやサスアームなどに用いられる
カツカツ緊張のあまり周りが見えなくなってしまうこと
かぶる電波状況の不良でマシンが時々操縦不能になること。エンジンのニードル調整が甘く燃調が濃い状態でも用いる
パイロンなどに乗り上げたりしてマシンが浮いて動かなくなること
絡むマシン同士がクラッシュすること
キーエンス大阪に本社がある大手電子機器メーカー。ラジコン用のスピコンアンプでも有名
決まってるマシンのセッティングが出ている状態
ギヤ比ピニオンギヤとスパーギアの比率
キャスター角フロントタイヤを真横から見たときのキングピン(ハンドルを切った時にタイヤが左右に回転する軸)の傾きのこと
キャンバークルマを正面から見た時の路面とタイヤの角度 。ハの字をネガティブキャンバー、逆ハの字をポジティブキャンバーと言う
キョーシンデベロップメント海外の有名ラジコンブランドの輸入元。堺市
魚雷前走車の後ろめがけて突っ込むさま
切れ角ハンドルを切った時にステアリングが左右にどれくらい動くかのこと。ドリフトの場合には切れ角が大きいほどマシンに角度をつけたドリフト走行が可能となる
キングピンハブキャリアとナックルアームを連結する部品。支点となりステアリングが作動する
食う路面やタイヤのグリップ力があること
クリスタルプロポの送受信機に装着されている水晶片。違う周波数に差し替えてバンドを変更できる
グリップ剤ゴムタイヤやスポンジタイヤのグリップを上げるために開発された薬品
グローエンジンラジコン用で最も多いエンジン形式。ラジコンカー、ボート、飛行機、ヘリなどで用いられている。メチルアルコールを主成分としたグロー燃料を使用する
クロス千葉県市川市にあるラジコンメーカー。チューニングパーツなどが有名
ケイチューン千葉県市原市にある大型サーキット。世界選手権も開催された名門サーキット
ケツカキ4WDのマシンで前後の駆動比を変えることで前後タイヤの回転数に差をつけて、実車のようなカウンタードリフトを可能にしたスタイルのこと。フロントタイヤを基準にした時にリア(ケツ)タイヤの回転数が多く路面を掻く(カキ)ことから「ケツカキ」と呼ばれる
5401/10ラジコンカーで主流のモーター。マブチ製を代表に特性の異なるさまざまな種類があり選択幅が広いモーター
こけるマシンがクラッシュやハイサイドをしてゴロゴロと転がってしまうさま
転がる転倒ではなく、コーナーでマシンが無理なく速く走るさま
コネクタコードの端に取り付け抜き差しが簡単にできるようにするための部品。使用場所や電流量に応じて様々な形状、種類がある

さ行用語集

用語集用語の解説
サーパントオランダにあるRCカーメーカー
サーボサーボモーターのこと。受信機からの制御信号により命令された位置まで回転する。サーボモーターの動きはタイロッドに伝えられステアリングやスロットルを動作させる。その仕組みをリンケージと呼ぶ
サスペンションタイヤホイールを任意に定められた角度で保持し、路面や車体からの入力により作動する
真田幸治1990年度IFMAR 1/8エンジンオフロードカー世界チャンピオン。1/8エンジンオフロードカーでは真田選手が日本人初制覇
佐橋忠彦2013年度IFMAR 1/8エンジンレーシングカー世界チャンピオン
三和電子機器大阪府東大阪市 にあるプロポメーカー。TVやエアコンのリモコンでも有名。サンワプロポ
GPガスパワード(Gas Powered)の略。エンジンカーのこと
ジオメトリーシャシーの設計段階で設定された各部の配置や寸法。サスペンションジオメトリーなど
失速コーナリング中に速度が落ち過ぎるさま
シミズゴムタイヤメーカー
ジャイロ機械的に車体のバランスを制御する装置。 ここ数年で大きく性能が向上しF-1などの2WD車に搭載されることが多くなった。雨中走行が可能になったのはジャイロの威力
シャシーフレーム、土台のこと。カーボンやジュラルミン製が多い
シャフトドライブモーターやエンジンの動力をシャフトで駆動輪に伝える方式
周回レース規定集回数により競うレース
ジョイントカップドライブシャフトと組み合わされるカップ状のジョイント部分
ショックアブソーバー路面の凹凸による衝撃を吸収してマシンの姿勢を安定させる装置 。オイルダンパーともいう
充電器充電可能な電池に電気を蓄えるための装置。ニッカド、ニッケル水素、リポなどの充電池の特性に合わせて専用の充電器があるので原則、兼用できない ので要注意
受信機送信機から発信された電波を受け、サーボモーターの制御信号に変換する装置のこと。3つのサーボが接続可能なら3ch受信機、4つのサーボが接続可能なら4ch受信機というようにch(チャンネル)数で表示する
シリコンオイルシリコン系オイル。温度変化による硬さの変化が少なく安定した硬さを維持できる。オイルダンパーやギアデフの充填オイルとして使用される
スキッド角シャシー前面またはロアアームに角度がついていること。スキッド角がついていると路面ギャップの走破性が高くなる
スケール本物のクルマをスケールダウンして作った模型の大きさを表現するときに1/10スケール(実物の1/10サイズ)などと使う。また、実物そっくりだったり、雰囲気がある時「スケール感がある」などともいう
スタッガースタート予選などで1台ずつスタートする方式
スタビライザー左右のサスペンションを連結し安定させるための棒や板のこと。アンチロールバーともいう
ステアリング操舵機構のこと
スティックプロポレバー(スティック)でコントロールするタイプのプロポ(送信機)
スパーギヤピニオンギヤからの駆動力を受ける大径のギヤのこと
スピードコントローラーモーターの出力をコントロールする装置の総称。スピコン
スライドバルブキャブレターの吸気コントロールをする左右にスライドするバルブ。レスポンスに優れる
スリックタイヤトレッド面に溝をもたないツルツルのタイヤのこと
スリッパークラッチ必要以上のパワーがかかった時に滑ることでパワーの一部をロスさせて過度なホイールスピンなどを防ぐための装置
スロットルエンジンコントロールやアンプの出力コントロール操作をスロットルと呼ぶ
スロットルバルブエンジン回転数を調整するために混合気量をコントロールするバルブ。キャブレター内部にありスロットルサーボの動きに合わせて開閉させる
セントラルRC大阪、堺市にあるRC関連の輸入販売商社
センターワンウェイ一定方向にしか動力を伝達しないベアリングを前後アクスルまたはデフの間のシャフトに取り付け、前輪への駆動伝達をスロットルオフ時にフリーにする機構
セル充電池パックを構成する最小単位の電池のこと。「7.2Vパック」と電圧で表現する代わりに「6セルパック」などという
全損使い物にならないほど壊れたさま
送信機ラジコンのコントロール部のこと。電波でラジコンカーに命令を送る。プロポとも呼ばれる
ソリッドアクスル左右のアクスルシャフトを連結して旋回時に左右の回転差を吸収しないデフユニット。スプール 、ノンデフとも言う

た行用語集

用語集用語の解説
タイムアタック1周のベストタイムを競うレース。主に予選で用いられる
タイロッドステアリングでサーボセイバーとアップライトを繋ぐ棒
タミヤサーキット静岡県静岡市にある田宮模型運営のサーキット。電動RCカーの聖地
タミヤ掛川サーキット静岡県掛川市にある田宮模型運営のサーキット。日本最大級規模を誇る
田宮模型静岡県静岡市にある世界的に有名なプラモデル・ラジコンメーカー
たれるバッテリーが走行中になくなること。タイヤのグリップ低下もたれると言う
ターン数モーター内部に位置するローターへ何回転コイルを巻いたかを表す単位。数値が少ないほど大電流を消費できるのでハイパワーモーターとなる
ターンバックルシャフトをねじ込む量で長さの微調整が行えるタイロッドで左右でネジ切りの向きが異なるもの。タイロッドの片側が正ネジ、反対側は逆ネジになっている
ダイヤフラムオイルダンパーの部品でオイルシールとして使われている帽子型のゴム部品
立ちコーナー脱出の際、加速が鈍いことを立ちが悪い、立たないと言う
タッピングビス樹脂パーツなどにネジ切りしながら固定するビス。樹脂シャシーを採用するモデルで多く使用されている
単走ドリフトイベントの審査方法のひとつ。単独で走行を行い走りを審査する方法。単走審査
団体戦ドリフトイベントにおいて複数台のマシンで同時に走行をし、前のマシンに繋がったような状態で走行しチームのまとまりやラインの美しさを競いあうこと
ダンパー衝撃吸収パーツ。スプリングとオイルを封入したシリンダーの組み合わせで成り立つ部品。オイルやスプリングの変更で柔軟性と硬さの調整をする
チャージャー充電器のこと
チャンネル無線用語でチャンネル(ch)といえば周波数を指す(テレビの1ch、4chなど)。ラジコンの場合は制御できる舵などの数を表すときに用いる。例として3つのサーボをつなぎ3つの舵を動かせるなら3chプロポとなる。また「1chはステアリング、2chはエンコン」というように各chに番号を付けて呼ぶこともある
直線番長直線だけ速い人のこと。コーナーは二の次
追走ドリフト競技において2台のマシンが並走しながら走行するスタイル。2台同時走行することでどちらのマシンがよりカッコいい走りができるのか争う
ツーリングカーラジコンカーでは箱型ボディをツーリングカーと呼ぶ。普通乗用車をモデルとしたのラジコンカーのことを指している
デフギヤラジコンカー装備されるデファレンシャルギヤのこと。コーナリング中に左右のタイヤが描く距離は異なるために、回転数が同じだとアンダーステアが発生する(実際の舵角より大回りになる)。そこで左右のタイヤの回転差を吸収しスムーズに回れるようにするのがデフ。2WDの場合は駆動輪の左右に、4WDの場合は前後に装着される
デフグリスシリコン系のグリスで一般の潤滑グリスと違い、パーツ同士の接触抵抗を大きくする目的のグリス。ボールデフグリス。ギヤデフの場合には高粘度のシリコンオイルを封入して、デフの動きの重さを変え走行特性を変更する
デフボールボールデフに使用されているスラストボールのこと
電波テレビやラジオ、ラジコンで用いられる電磁波のこと。国民の共有資源として捉えられているため電波は国が厳格に管理している。電波法や諸規則が設けられており自由に電波を発射することは不可能。ラジコン用の送信機は許認可を受けたものが使用でき、ホビー用には27、40、72 MHz帯に割り当てがある。最近2・4GHz帯も使えるようになった
トイラジラジコンは昔から存在するが主に模型ジャンルのものだったが、最近になり安価なラジコンメカが登場し玩具メーカーが製品を発売したり、ディスカウント店でもラジコンを扱うようになる。そのようなラジコン製品をホビーの世界のラジコンと区別する意味で“おもちゃ(トイ)のラジコン”=トイラジと呼ぶ
峠國士1992年度IFMAR 1/8エンジンオフロードカー世界チャンピオン
トーアウトシャシーを真上から見た状態でタイヤが進行方向に対して前広がりになっている状態をトーアウトと呼ぶ
トーインシャシーを真上から見た状態でタイヤが進行方向に対して前すぼみになっている状態をトーインと呼ぶ
ドッグボーン駆動を伝えるシャフトでサスペンションで可動する部分に使われる。骨のような形状からドッグボーンと言う
ドライバーズミーティングレース前にドライバーが集まって競技方法などを確認すること。ドラミ
トラギートラックとバギーを合わせてできた造語。トラックボディに大径のタイヤを履いたモンスターマシンのこと。ラジコンカーのジャンルのひとつ
トランスポンダータイム計測用の発信機。トランポ
ドリフト車体を横滑りさせながらカーブを曲がるテクニック。近年、ドリフトに特化したタイプのラジコンカーも登場しドリフトカーと呼ばれている
トリム本来はつりあいの意味だが、ラジコンでは舵などの微調整のこと。例えばマシンを直進させているつもりなのに右に寄ってしまう場合、ステアリングトリムを少し左に動かすと曲がりが補正され直進するようになる。これを「トリムを修正」と表現する

な行用語集

用語集用語の解説
流すペースを落として余裕で走ること
中だれレース中盤にだれてタイムが落ちること
流れるコーナリング中に滑ること
ニードルエンジンのキャブレターへの燃料の流入量を調整するバルブのこと
27MHzラジコンカーやラジコンボートなどには地上・水上用に27MHzの周波数の割り当てがある。プロポに27MHzのシールが貼ってあればそのプロポセットは27MHzの電波を使用していることになる
ニトロメタンエンジンカー用のグロー燃料に含まれる燃焼向上添加剤。燃料中に多く混合するほど燃焼力が高まるが、同時にエンジンパーツへの負担も大きくなりエンジンの寿命を縮めるリスクがある。現在市販されているグロー燃料の多くにはニトロメタンが20~25%混合されている
ニッカドバッテリーニッケルカドミウム電池(Ni-Cd)のこと。充電し繰り返し使用できる電池。充電池としては古くから使われている。大電流を取り出すことができる。カドミウムを多量に含んでいるので環境の面から敬遠されている
ニッケル水素バッテリーニッカド電池の後継として登場したのがニッケル水素バッテリー(Ni-Mh)。当初はニッカドより性能が劣っていたが近年、性能が向上した。ニッカドより大容量なニッケル水素電池が主流となっている
2.4GHz近年、ラジコンで使用されるようになった電波周波数帯のこと。2.4GHzを用いるラジコンは独自の変調方式になっていて空いているバンドを自動的に探す。使用できるバンドがも多いので数十のラジコンを同時に走らせる(飛ばせる)ことを可能にした。2.4GHzは無線LANなどでも利用されている
ニヤミス笑いでミスをごまかすこと
ニュートラル中立のこと。ステアリングやスロットルが左右、前後のどちらにも位置していない状態のこと
抜く相手を追い越すこと。パワーを抑えること
塗り物グリップ剤のこと
粘度ダンパーオイルの硬さを表す数字のこと。500番などの数字で表され数字が大きいほうが固くなる
燃費バッテリー1パックや燃料1タンクで走行できる距離、時間のこと
ノーコンノーコントロールの略。ラジコンが操縦不能になった状態のこと。原因には同じバンドの電波を同時に送信した、電波妨害、受信機の電池切れなどいくつも考えられる。大体は事前の点検や注意で防げることが多い。速度の速いエンジンカーのノーコンは非常に危険なため走行前RCメカの点検をし、同じバンドを使っている人がいないか確認するのが大切である
ノーミスミスをしないでレース時間を走りきること

は行用語集

用語集用語の解説
バギー主に凸凹のある土や芝生や砂地を走れるような車のこと。大きく幅広タイヤを履くのが特徴。オフロードカー
バスタブシャシー浴槽に見える形状を持つラジコンカーのシャシー。軽量で比較的高剛性。入門向けなどに多く使用されている
パックバッテリー充電池のセルを何個か束ね、接点にシャントをハンダ付けし、パックで包んだバッテリーのこと。ラジコンカーや飛行機などの動力バッテリーやプロポ用バッテリーとして使われている
バックラッシュギヤ同士をかみ合わせた時にできる隙間のこと。隙間が少なすぎても大きすぎてもとパワーロスになる
バッテリー電池。充電池にはニッカド、ニッケル水素、リポなどがある。乾電池はドライバッテリーとも言う
ハブキャリアサスアームの先端でナックルやアクスルを保持するパーツ
原篤志世界選手権優勝2回。日本人初のラジコンカープロドライバー
はまるどうにもならない状態。逆にバッチリ決まる状態のことも言う
バリ食い路面グリップが非常に高い状態
バルクヘッドサスアームや駆動系などを取り付ける基盤になるパーツ
パワートレーン駆動系全般のこと。エンジンやモーターの動力をタイヤに伝達するパーツを総合的に呼ぶこと
バンド周波数帯のこと。ラジコンではラジコン専用の周波数のこと。クルマのラジコンに割り当てられている26.995MHzは「04」となり、この周波数のことを「04バンド」と呼ぶ
飛距離ドリフト走行時でドリフトアングルを保ちながらマシンが横方向に走っている距離のこと。ドリフト用語
ヒートシンクエンジンやモーター、スピコンアンプなど発熱するパーツに取り付け、冷却効果を促進するアルミ製パーツ
ヒートプロテクタースピコンアンプに装備されている機能。スピコンアンプには使用できる許容範囲があるがこれを超える電流が送られた場合、発熱で内部回路が破損する恐れがある。これを防止するのがヒートプロテクター
ピッチングクルマの前側や後ろ側がクルマの中央を支点にシーソーのように揺れること
ピニオンギヤモーターやエンジンのクラッチベルに付ける小径ギヤのこと
広坂正美世界選手権優勝14回、日本選手権優勝52回を誇るラジコンカー界のレジェンド
ピロボール可動させる連結部に使用されるボール型のパーツ
福田圭亮2006年度IFMAR 1/10エンジンツーリングカー世界チャンピオン。1/10エンジンレーシングカーでは福田選手が日本人初制覇
双葉電子工業千葉県茂原市にある大手電子機器メーカー。フタバプロポが有名
フライホイールエンジンのクラッチシューを取り付ける円盤状のパーツ。はずみ車の役割もする。エンジン始動の際ににスターターを当てる所
プラグエンジンの点火プラグのこと。ラジコン用グローエンジンの場合、始動時のみ外部電源で赤熱させるが、始動後は余熱でヒートし続ける
プラグヒーターグローエンジン始動時にプラグを赤熱させるためのツール。ポケットブースター
ブラシモーター従来の一般的なモーターにこと。ブラシレスモーターが登場後、区別する意味でブラシモーターと呼ぶようになる
ブラシレスモーター最近主流の高性能モーター。ブラシレスモーターは内部に永久磁石があり、3極のコイルが外側を囲む構造になっている。コミュテータを持たず、3極のコイルにタイミングをずらして電気を流すことで回転する。接触部分がないため効率はいいのが特徴だが3つのコイルを制御するための電子回路が必要。ブラシレス専用スピコンアンプが必要だがブラシ用のものと比べると高価
プロポデジタル・プロポーショナル・システムの略。制御方式のことだがラジコンの送信機のことをプロポと呼ばれることが多い
プロポーショナル・システム送信機の操作スティックの動作量に応じてサーボモーターが比例して動くシステム。微妙な動きをリアルタイムで伝達可能
ベルトドライブベルトで動力を伝達する方法
ホイールベースクルマの前後ホイール中心間の長さのこと。ホイールベースが長いと安定性は高いが運動性は低くなる。短いと安定性が低いが運動性は高くなる
ホイラータイププロポラジコンカー用の送信機でステアリングをホイール型の操作部分を回して動かす
ボールデフギヤの代わりにスラストボールの回転を利用したデファレンシャルギヤ
ボールベアリングボールで支えることにより回転抵抗を減少させた軸受け部品
ポンダータイム計測用の発信機のこと

ま行用語集

用語集用語の解説
マーシャルレースなどでコースアウトしたりクラッシュしたマシンを復帰、回収する人
マウントエンジンやモーターを搭載する部分。エンジンマウントやモーターマウントと言う
巻くオーバーステアでR/Cカーが一気に巻き込みながらスピンする状態。ドリフトカーではドリフト状態が維持できずにスピンしてしまう急激な姿勢変化のことを言う
マサミ広坂正美選手のこと
松倉直人世界選手権優勝4回。ラジコンカープロドライバー
松崎隼人2007年度IFMAR 1/10電動オフロードカー2WD世界チャンピオン
マッチドバッテリー特性が似ているバッテリーを集めて、より安定、高性能を発揮できるように調整された高性能バッテリーのこと
マニホールドエンジンの排気口とマフラーを連結させる曲げ加工されたパイプ状のもの
マフラー消音効果をもつ排気筒。ラジコンカーにはカー用に開発された形状のものを用いる。エンジンカーにのみ装着 される
ミッドシップ前後のホイール間にモーターやエンジンを搭載する形式のこと
メカ受信機やサーボ、スピコンアンプなどR/Cカー車体に搭載するデバイスのことをメカと言う
メカ積みR/Cカーにサーボや受信機などのR/Cメカを搭載する作業のこと
モンスタートラック大径タイヤを装着したオフロード用トラックのこと。HPI製のサベージなどが人気

や行用語集

用語集用語の解説
ユニバーサルジョイント回転式ジョイント部を備えたドライブシャフトのことでユニバーサルシャフトとも言う。駆動力の伝達効率に優れ、シャフトの脱落が起こりにくい利点がある。最近では分解整備ができるタイプが登場した
ヨー軸クルマの真上から重心を通り、真下を通る仮想の軸のこと。ヨー軸を中心に回転する力が加わるとクルマは左右に旋回する
翼端板ウイングの両端に取り付ける板状の部品のこと。空気の流れを整え、効率よくダウンフォースを得ることができる。ドリフトカーではスライド時のコントロール性向上が期待できる
ヨコモ東京都足立区にあるラジコンメーカー。近年はドリフトカーで有名
40MHzR/Cカーやボート、飛行機に40MHzの周波数が割り当てられている。ただし、地上・水上用と空用ではそれぞれ専用の周波数となっている

ら行用語集

用語集用語の解説
Radiolink(ラジオリンク)Radiolink社(Radiolink Electronic Co.,Ltd)の事を指します。
ラジコンラジオコントロール=無線操縦のこと
ラジコン技術電波実験社出版から刊行されているラジコン雑誌のこと
ラジコン保険ラジコンを楽しむ場合には万一事故を起こした場合に備えることも重要です。そこで推奨したいのがラジコン保険です。ラジコン組み立てキットやプロポセットに申し込みを促す告知および申す込み用紙が入っていたり、模型店でも用意されている。年間数千円と比較的安価で加入できるので加入をお勧めします
ラジコンマガジン八重洲出版から刊行されているラジコン雑誌のこと
ラジコンワールドエイ出版から刊行されているラジコン雑誌のこと
ラップタイム1周のタイムのこと
リコイルスターターエンジン本体に付属するタイプのスターター。ロープとワンウェイベアリングを使用してクランクシャフトを回し、エンジンを始動させる
リタイヤレース中にトラブルやクラッシュで走行不可能になり途中放棄すること
リチウムフェライトバッテリー(Li-Fe)安全性が高く急速充電が可能、容易に扱うことができる充電式電池。Li-Poやニッケル水素バッテリーと比べると若干電圧が低いため絶対的なパワー感は低いが、扱いやすいことから人気がある。充電には専用充電器を使用することが必要だが20分程度の急速充電が可能である
リチウムポリマーバッテリー(Li‐Po)軽量で大容量なため、ラジコンカーや飛行機、ヘリで用いられることの多い充電式電池。ニッカド電池やニッケル水素電池と比べると非常に高性能。但し、過充電やショートで発熱や発火する恐れがあるので扱いには注意が必要。充電は必ずLi‐Po専用充電器を使わなければならない
リフェリチウムフェライト(Li-Fe)バッテリーの略
リポリチウムポリマー(Li‐Po)バッテリーの略
リンケージサーボの動きをステアリング機能などに伝える仕組み
レスポンス反応のこと
ロアアームサスペンションの下側に位置するアーム板
ローターモーター内部にあるパーツで、ブラシモーターではコイルが巻きつけられている。通電することにより磁化する。ブラシレースモーターでは内部の永久磁石の部分のことをいう
ロールセンタークルマの先端から重心を通り後端部へと通る仮想の軸のこと。ロールセンターを念頭に入れながらマシンのサスペンションのセッティングをする