勿論、200g未満のドローンが規制が一番少ないが、なくはないので、注意を払うべきです。通常は以下となります。

  • 空港などの周辺上空
  • 地表や水面から150m以上の高さの空域
  • 国の重要施設、防衛施設、外国公館、原子力事業所の近くでの飛行
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の飛行
  • 小型無人機等飛行禁止法に該当する空域

基本、飛ばす前にアラートが表示されるので、通常、強制に飛ばさなければ問題ないでしょう。
勿論、許可を得る場合、飛ばしてもよいケースがあるので、製品として強制に禁止しませんが、法に触れる場合、知らんからやってしまったとかは通じないでしょう。

上記以外は自治体の条例、プライバシー権の侵害など、常識的なことです。
ノルマのところもありますから、ドローンをお楽しみ時、人に迷惑を掛けないことも基本的でしょう。

話題の小型ドローン!非常に扱いやすく、手軽に空撮できるとあって人気が高いですが、思わぬところで規制に触れてしまう場合があります。安心で安全な飛行をするためにこの記事が参考になれば幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *